会社の飲み会帰りはピンサロで男だけの二次会

課長からの提案

飲みにケーションといえば、上司からの強引で迷惑な飲みのお誘いといった雰囲気に感じられるでしょうか。
最近は空気も読まず定時に帰るような若者も増えているそうなのでなおさおさらかもしれませんね。
ですがうちの部署ではそうした風潮があまり見られません。
課長から以下メンバーまでみんな仲が良くまるで大学のサークル活動のような気分になるときすらあるほどに良好な関係が築けています。
そのため、飲みにケーションのお誘いがあろうものなら誰も断る人なんていません。
もちろん俺もその一人で何なら会社の経費で飲めることに心から感謝の気持ちが感じられるほどです。
この日も、用事があるという一人を除き課長のお誘いをありがたくお受けしたのでした。

二次会のピンサロを満喫

一次会が終わったころメンバーは自然に女性グループ男性グループへと分かれていきました。
もちろん俺も男性グループへとナチュラルに吸収されていき女性グループとは別れました。
普通であれば女性と夜を過ごす機会を逃しがっかりといったところですが誰も不満を言う人なんていません。
なぜなら俺を含めみんなどこへ向かうか理解できていたからです。
それは、ピンサロ風俗です。
飲みにケーション後は抜きにケーション…ともいわんばかりに、俺ら男性グループが飲み会後に行く行き着けコースとなっているためです。
下半身をさらけ出し薄暗い空間の中で男同士ベンチに並んでプレイを楽しむというのは意外に良いコミュニケーションとなります。
もしかすると、うちの部署が友好的なのはこれがあるからこそといっても過言でないかもしれません。
ちょっとした会話を交えつつ、かつ股間の快感を堪能しつつと正直一次会なんて目じゃないほど楽しいです。
もちろん費用は課長のおごりです。
本当は会社の経費が出ればベストなのでしょうかさすがにそこまで使い込んでしまうと大問題となってしまいます。

ピンサロだからこその活用法

ピンサロは、同じ空間に複数人で入って楽しめる珍しいタイプの風俗です。
これがソープやデリヘルタイプの風俗となればこうもいきません。
そういう意味で、性欲発散以上に男同士のコミュニケーションの場として適しているように思えます。
女性メンバーにはまずいえない秘密の二次会コースですが、みんなのテンションが上がる最高なコースです。
逆に一次会解散後も二次会をしたいという女性メンバーがいようものなら、課長含め多くの男性メンバーがうなだれるほどです。
いや、これもこれでどうなんだといったところかもしれませんが。
暗闇でのフェラ抜きは、これからもうちの部署の名物となり続けそうです。

2017年6月26日